Wikipedia

ファーマフーズ

日本の京都府京都市にある機能性製品メーカー

株式会社ファーマフーズは、機能性素材(鶏卵抗体、ギャバなど)、機能性製品の開発・販売、およびバイオメディカル事業、Life Science Information事業を行う企業。社名の由来は、医薬と食品の英語名の造語から。

株式会社ファーマフーズ
Pharma Foods International Co., Ltd.
種類株式会社
市場情報
東証1部 2929
2006年6月12日上場
本社所在地日本の旗 日本
615-8245
京都府京都市西京区御陵大原1-49
設立1997年9月12日
(株式会社ファーマフーズ研究所)
業種食料品
法人番号5130001011549 ウィキデータを編集
代表者代表取締役社長 金武祚
資本金20億3127万円
売上高連結34億60百万円(2016年7月期)
営業利益連結△46百万円(2016年7月期)
純利益連結25百万円(2016年7月期)
純資産連結34億96百万円(2016年7月)
総資産連結44億72百万円(2016年7月)
従業員数単独42人(2016年7月)
決算期7月31日
主要株主金武祚 12.51%(2016年7月)
主要子会社株式会社ファーマフーズコミュニケーション
外部リンク公式サイト
テンプレートを表示

概要

大きく分けると、機能性素材事業、通信販売事業、バイオメディカル事業を行っている。機能性表示食品制度の盛り上がりとともに機能性素材事業は成長。通信販売事業も育毛剤などの自社製品が売れて事業規模を大きく伸ばしている。機能性素材では、ファーマギャバの寄与度が大きく、サプリも販売している[1]

沿革

  • 1997年 京都府久世郡久御山町で株式会社ファーマフーズ研究所を設立。
  • 1999年 京都市下京区に移転その後京都市南区に移転。
  • 2004年 株式会社ファーマフーズに商号変更。
  • 2006年 東京証券取引所マザーズ市場に上場。本社を京都市西京区に移転。
  • 2013年 株式会社広島バイオメディカルを吸収合併。
  • 2015年 子会社・株式会社ファーマフーズコミュニケーションを設立。
  • 2016年 株式会社フューチャーラボを子会社化。市場選択制度により、東京証券取引所第二部に市場変更。
  • 2021年 東京証券取引所第一部に指定替え、ロート製薬株式会社との資本業務提携を発表[2][3]

ラジオ番組

ファーマフーズが企画して放送しているラジオ番組各種。実質ラジオショッピングである。特にファーマフーズが本社を置く京都を中心とした関西圏で多く放送されている。以下に挙げるもの以外でもインフォマーシャルとして各局のパーソナリティと掛け合うものも多数放送されている。

ぴよぴよラジオ

AM・FMを問わず最も多くの放送局で放送されているもの。川原ちかよ西田育弘[4]がファーマフーズ職員と掛け合いながら放送する。FM局では「Piyo Piyo Radio」と表記する局もあるが内容は同じである。また、5分番組であることから週に複数回放送するのも特徴である。

ひよこで踊るラジオ

前者より長い15分枠の番組。こちらはAM局で放送される。

ピヨピヨすぎるラジオ

2021年7月3日より9月25日まで文化放送で放送されていた。「タマゴが持つ秘めたチカラ」を中心に、リスナーの健康ライフに役立つ情報を発信する。パーソナリティは、鈴木純子太田英明が担当[5]。同年4月3日から6月26日まで放送されていた、「ぴよっとサタデー[6]をリニューアルした。


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ PharmaGABA CSS
  2. ^ “ロート製薬株式会社との資本業務提携に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ファーマフーズ, (2021年7月16日), https://www.pharmafoods.co.jp/irlib/2021-07-16_4fe929c85b543bcc7b13891792d03628.pdf 2021年7月19日閲覧。 
  3. ^ “株式会社ファーマフーズとの資本業務提携に関するお知らせ” (プレスリリース), ロート製薬株式会社, (2021年7月16日), https://www.rohto.co.jp/news/release/2021/0716_01/ 2021年7月19日閲覧。 
  4. ^ 両者ともエフエム京都を中心に番組を担当するラジオパーソナリティ
  5. ^ いずれも文化放送アナウンサー。なお、太田はエグゼクティブ・プロデューサーを兼任している。
  6. ^ 熊田曜子松井佐祐里(文化放送アナウンサー)がパーソナリティを担当していた。

外部リンク

ファーマフーズ other languages: